食品添加物とアトピーのお話

BERGAMOTさんよりご質問

野菜 こんなアトピーの方はいませんか? みなさん色々と試していると思いますが、 私のながーいアトピー体験の中で少し丘のように あちこちに水玉の大きいアトピーが出来たことがありました。 それは、ある医療雑誌によると、食品添加物によるものの 可能性が大きいそうで、コンビニなどのおべんとう類を週に 2日くらい食べていた私は、もしかしてこれが原因?と 思いやめてみたらみごとによくなったんです。 思い当たる方は試してみてください。

食品添加物について - 新

BERGAMOTさん、貴重な体験談ありがとうございました。 食品添加物!自分も最近とても関心があります。 コンビ二の弁当ってとっても便利なんですけどねえ〜、 トラックにのっけたり、店頭にかざったり、けっこう長い間 品質が変わらないように保存料をバンバン入れているようですね。 生産者にしてみれば客が食中毒おこして営業停止にでも追い こまれたらたいへんだから、『えーい、保存料いっぱい入れとけ』 ってところでしょう。その人たちは自分たちのところで       作った商品を決して口にしないといいます・・・ こわい話でしょう。 一般に言われているのは、こういう化学物質が長い間に体に 蓄積されていつか大きな病気をおこしてしまうということですが、 BERGAMOTさんのように敏感な方は即時に反応してしまう のですね。やっぱりそうなんだ!って感じです。 考え方によっては鈍感な一般人の方が結果的に怖いことに なるかもしれないし、アトピー体質の人は社会に体をはって 警告する損な役まわりを負っちゃっているのかもしれません。 いくら便利だからっと言って、合法的な大量殺人を許すような 社会のシステムは早く改められなければなりません。 BERGAMOTさんと同じように化学物質に反応した 経験をお持ちの方はぜひ教えてくださいね。

Xiangzu さんより中華料理の添加物のお話。

アトピーは損だという気はしますねえ。 食べ物などには気をつけるようになるから、その点ではやはり速く 危険から身をかわしているともいえるのですが…。 そうなんです、人工調味料って、かなり危ないんですよね。 もう結構前のことですが、アメリカの中華街でよく食事をする人が、 味覚異常や手足、舌のしびれ、神経の麻痺などの症状を訴えたそうです。 それは調べてみたら、中華料理に大量に使われる化学調味料が 原因だったそうです。 私も今は気をつけているので、たまに中華料理を食べたり、 化学調味料が入っている食品を口にすると、その時は口に おいしくても後から必ずと言っていいほど胃が気持ち 悪くなったり痛くなったりします。 あんなもの、使わなくたっておいしい料理を出せばいいのに、 といつも思ってしまいます。