清涼飲料水とアトピー
〜自分の息子がアトピーになってしまった

今年(2001年)の夏、中学2年生の息子がアトピーになってしまった。 息子は小学校低学年のころ肘や膝の裏側にアトピーがあり、 超自然水を吹き付けたところなんと1週間ほどで治った経歴がある。 たった1週間しかかからなかったということを考えると本当に アトピーだったのだろうかという気もしていたが、今回は目の周り、まぶたが腫れて 確かにアトピーの症状がはっきりと出ていた。 それにしてもまさか自分の息子がアトピーになるというのは信じられないことだった。 というのは両親が超自然水の仕事をしている影響で、彼は風呂に入っても石鹸で体を 洗わなければシャンプーで洗髪もしないのである。時々親が気にして 『おまえ学校で臭いとかいわれないか?』と聞いてみたりしたが、 まったく意に介してなさそうだった。ついでにわが家の洗濯は、せんたくボールを 使っているわけで、言ってみればアトピー対策は万全のはずだったのだ。 その息子がなぜ今さらアトピーになったのか? 息子の生活態度を観察して気がついたのは、ポカリスエットのがぶ飲みだった。 ポカリスエットは確かにうまい。喉が渇いたときは最高だ。でもこの暑い夏、 息子は水代わりに朝からがぶ飲みしていたのだ。値段もアクエリアスより割高で、 スーパーから苦労して買って帰ったポカリスエットがあっという間になくなのにあきれた 女房が『自分は水汲み女ではない!』と不満をもらすほどだった。 ひょっとしたらポカリスエットから多量に吸収された糖分や化学物質が汗に代わるとき 肌に何かのダメージを与えているのではないだろうか?そういえば同じように ポカリスエットを飲みを続けていた自分の肌が妙に痒くなり、ひょっとしたら この歳にしてアトピーになるんじゃないかと思うことがこの夏何度かあった・・・ さっそく息子にはポカリスエットや缶コーヒーなど一切の飲料水の摂取を止めさせ、 1日3回の超自然水の吹き付けを命じた。もちろん自分もポカリスエットを止めた。 それから約1ヵ月後みごとに息子のまぶたからアトピーは消え、 自分の肌の痒みも消えた。これだけでポカリスエットを悪玉と決めつけるわけには いかないけれど少なくとも肌のトラブルをかかえている人は清涼飲料水などの 暴飲は避けるべきだろう。 ★ 追伸 ★(2002年4月28日記) その後、清涼飲料水の有害性に関して自然食品のお店から実に興味深い話をうかがった。 人の健康を蝕んでいるといわれる白砂糖だが、普通の水に比べ炭酸には何倍も 良く溶けるそうだ。常温で気の抜けたコーラはまずくてとても飲めるものではないが、 冷たく冷やすとグイグイ多量に飲めますよね。冷静に考えるとこれってとても体に悪そう。 そういえば最近アメリカでは子供の肥満と炭酸飲料水の密接な関係が指摘されたようです。 ちょっと肥満気味のおたくの子供さん、炭酸飲料を毎日飲んでいませんか?