肌のトラブルの正しい対処のしかた

私たちの皮膚は皮脂膜に被われています。 この皮脂膜は水分を多く含み、空気を通す性質があります。 どんなに科学が進歩した現代でも、この皮脂膜だけは作ることができません。 ここに大きな問題があります。 私たちは肌のトラブルが発生すると、 安易にクリームやオイルなどの保湿剤を使用します。 ところがこれらの保湿剤は空気を通さず健全な皮膚呼吸を 妨げてしまいます。 皮脂膜 また症状が悪化すると薬を塗ります。 私たちは薬を塗れば治ると信じていますが、 簡単にいかない事も多いです。 薬を使った対症療法は、 一見治ったように見えても薬の使用を   やめると再発する事になります。 薬の使用を続けていけば、   効果は薄くなっていきますし、 本当の症状は知らず知らずのうちに   悪化していきます。 にきび薬 この現象は一種の依存症として説明できると思います。 アルコールや麻薬依存症の患者さんの治療は、 アルコールや薬を断つしか方法はありません。 皮膚のトラブルの解消の仕方もこれに似ています。 皮膚は薬にすぐに慣れてしまいます。 薬から助けを得られると、皮膚は自立する努力を 怠ってしまいます。 ですから薬を止めるとすぐに再発を起こします。 肌を根本的に回復させるには、保湿材などの過剰なケアや薬の使用を控えることが大事です。 そうすれば皮膚は自立します。