犬のアレルギー (脱毛)

ある日気がつくとペットの毛が異常に抜け始めている・・・。 そんなお悩みを最近よくお聞きします。 様々な原因が考えられますが、 人間と同じようにアトピーやアレルギー、皮膚病、脱毛で 辛い思いをしている動物は多いのではないでしょうか。 まさか我が家の飼い犬が脱毛するとは思ってもみませんでした。 お薬を使うことをせずに超自然水を使いながら、食事療法とともに、 脱毛を克服した我が家のパピヨン犬(鉄)の記録をご紹介します。

生後3ヶ月ごろ

犬の脱毛 ある日気がつくと、 鼻の周り、目の横の毛が薄くなっています。 鼻の横にも円形の脱毛が見られました。 かわいい盛りなのに・・・ 一時的なものかもしれないと思い、 少し様子をみることにしました。

1週間後

脱毛1週間 少しずつ脱毛が広がっている気がする。(お腹や胸。) 抱くと私の服にびっしりと毛がつきます。 背中の毛を引っ張るとたくさんまとまって抜けます。 これはいけないと思いました。 さっそく超自然水を鉄に吹き付けることをはじめました。 狂犬病の注射の時期であったため、注射ができるかどうかを かかりつけの獣医に相談に行きました。 脱毛の状態も見ていただいたところ 「ホルモンの異常ではない、食事のアレルギーも考えられる、 注射は少し遅らせましょう。」とのこと。 幸いなことに薬は使用せず 自然治癒力でなおす事を獣医は勧めてくれ食事の改善と 皮膚をシャワーで1日おきに洗うように指導されました。

2週間後

わき腹脱毛 横腹も毛が抜けてきました。 毛がふさふさとしているはずのパピヨンなのですが 可哀想な状態。 まるで違う犬種の犬のようです。 シッポも芯だけになり、足も骨と筋だけとなりました。 ササミジャーキーなどのおやつも一切禁止。 超自然水を何度も吹き付け、柔らかいブラシで皮膚も マッサージ。 日中も何度か脱毛している部分に吹き付けました。 あわせて日光浴。自然な食事。寝床の清掃。 精神的に安定させるなどとても気を使いました。

脱毛から1ヵ月後

犬の腹、脱毛 お腹の一番酷い時です。 それでも元気に遊びまわっています。 お散歩の時「どうしたの?」と聞かれるのがとても辛かった。 このころが脱毛のピークで寝床のタオルなどを洗う洗濯機の ごみ取りネットが脱毛した毛で詰まったりしました。 薬も使わず抜けるに任せているため、不安はありましたが、 獣医さんに教えていただいた生活方法を頑張って続けました。 お腹は完全に毛が抜けピンクの皮膚状態で寒そうです。 このころから首輪も痛々しいため、はずしてやりました。

脱毛から2ヵ月後

犬の脱毛 2ヶ月を過ぎた頃うれしいことに少しずつ毛が生えてきました。 とても細かい柔らかい毛です。 でもまだ寒そうでお散歩は控えていました。 このころになると脱毛部分に超自然水を吹き付けるのも 嫌がらなくなっていました。 シャワーもお風呂も大好きになりました。 食事は獣医さんで出してもらう高栄養な缶詰と ササミを湯がいた物などを与えていました。 特にドライフードはαリノレン酸をたくさん含むものに 切り替えました。 αリノレン酸はシソ油に含まれるアレルギー改善に 有効な成分なため、たくさん食べさせるよう頑張りました。

脱毛から3ヵ月後

犬の脱毛 食事にも慣れた3ヶ月後ごろ段々と良くなってきました。 おやつの量もちゃんとセーブし食事も進みます。 犬も食事のバランスが大切なんですね。 人間も犬もやはり食事が健康の基礎であると つくづく感じました。 お腹もうっすらと、毛が生えてきました。 もう、脱毛で洗濯機が詰まることもありません。 見通しがついて、少しうれしくなってきた頃です。 足も尻尾も、ふんわりとした毛が増えてきました。

脱毛から4ヶ月たった頃

脱毛改善 もう大丈夫!一安心です。 新しい首輪もはめてやりました。 脱毛の原因として 添加物の多い加工品、ドッグフードが大いに影響したことは 考えられますが 市販の洗浄力の強いシャンプーを 数回使ったことも原因かもしれません。 人間と同じく動物も全く同じに化学物質の被害を受けることを 思い知らされました。 鉄は今では元気いっぱい、いたずらをする毎日。 脱毛でヒョロヒョロしていたのが信じられないほど毛が たくさん生えました。 日ごろのケアとして超自然水はブラッシングの際に吹き付けて 使用しています。 冬場は犬の嫌いな静電気を防ぐ効果もありますし、 毛艶がとてもよくなりました。 その後、脱毛の症状は見られません。 すっかり毛がふさふさになって、立派になりました。 鉄の体験談が脱毛に悩む犬と飼い主さんの助けになれば幸いです。 犬の脱毛 犬の脱毛改善 犬のアトピー、皮膚病に関しましては下記にも体験談があります。 ◆ 犬のアトピー、皮膚病体験談(1) ◆ 犬のアトピー、皮膚病体験談(2)