ニキビとアトピーのQ&Aへ戻る

ダイエット法(注:実は低インシュリンダイエット法というらしい・・・)
〜3ヶ月で10kgやせた自分のやり方

自分は2000年1月から3ヶ月間で74kgあった体重を目標の64kgまで 減らすことに成功した。性別は男性、身長171cm、当時41歳であった。 痩せるとまわりの人が驚くし、身も軽くなった気がしてうれしいのだが、 一番の収穫は自分の意志で生き方をコントロールできたんだという満足感だと思う。 平凡な毎日でマンネリを感じている人にはお勧めだ。 以下、かなり我流ですが、自分のやったダイエット法を紹介したいと思います。 ダイエットで大事なことは次の3つでしょう。 1) 食事を減らす 2) 運動をする 3) リバウンドに気をつける ダイエットするには当然食事の量を減らすことだが、とても辛いことだ。 あまりの辛さにその日のうちにあきらめるのはよくあるケース。 そこで自分の場合まず断食からスタートした。自己流でおこなう断食はだいたい 3〜4日が限界だというがその範囲であれば問題はないだろう。 断食をすればまず最初に2kgぐらいは痩せられる。 これは痩せるというよりもおなかの中にある食べ物が全部出てしまうということなのだろう。 断食でスタートするとその間にきっぱりと覚悟が決まるし、断食後、ごく少量の食事でも 非常にありがたく思えるのだ。 断食の最中は水だけもしくは野菜ジュースだけを飲み続ける。 おなかが減ったと思ったらひたすら水分だけを好きなだけとる。 断食の間は確かに苦しいけれども大事なことは断食を止めるとき、 ほんの少しずつゆっくりと食事をすること。いきなり食事をすると腸がねじれて 死んでしまうこともあるようだ。断食直後のおすすめはヨーグルト。 これを少しずつゆっくりたべて徐々に慣れていく。 食べ物がすっかりなくなったところに善玉菌のたくさんはいったヨーグルトを食べて腸が 健康になっていくイメージをもてばなお効果的だろう。 久しぶりに口にする食事のなんとおいしいことか!これだとどんな粗食でも ありがたくいただくことができる。断食を終えていよいよこれからが本当の ダイエットのスタートだが、自分のメニューは、 ■ 朝 トーストを一枚、バターやジャム何もつけないでゆっくり食べる。      ホットコーヒーを一杯。 ■ 昼 抜き ■ 夜 メインディッシュを一皿。ただしご飯やパンなどは食べない。 これを3ヶ月続けた。 ダイエットで気をつけなければいけないのはリバウンドだが、減食だけでいこうとする とどうしても失敗するらしい。必ず毎日軽い運動を取り入れることだ。 運動の中でも有酸素運動と呼ばれるもの、ジョギングやウォーキングが効果的だ。 ダイエット中はどうしてもふーっとした感じがして軽いめまいを感じることがある。 食事が偏っているので充分な栄養を摂取できていないのが原因だと思うが、ビタミン類を 薬局で買ってきて補うと良いようだ。ビタミンの錠剤は薬局でいろいろ売られているが、 いろんなビタミンが入ったマルチタイプのものを選ぶといいと思う。 ★ 平成17年17日追記 自己流だと思っていたが、このダイエット法は低インシュリンダイエット法と呼ばれている ことを友人に教えられた。気をつけてみると確かに低インシュリンダイエット法という本が たくさん出ていました。詳しくはそちらを参考にしてください。