宮古島で見直された植物

概要

 沖縄本島と石垣島のほぼ中間に位置する宮古島。
その豊かな自然と太陽の恵みがあふれる土地で育まれた、
「ビデンス・ピローサ」というハーブに、
今全国から注目が集まっています。

 ビデンス・ピローサとは、亜熱帯から熱帯地域にかけて広く
自生しているキク科のセンダングサ属の植物で、和名をタチアワユキセンダングサ、
宮古島では「ムツウサ」といわれています。
昔から熱帯・亜熱帯地域では、炎症性疾患、糖尿病、肝臓病、消化性潰瘍、
リウマチ、感染症などに対する民間薬・伝承薬として使われていました。
沖縄地方では、畑や道端などでよく見かけます。

では、なぜ宮古島のものが格別に注目されているのでしょうか。
その理由は、宮古島の自然にあります。

 珊瑚礁の島である宮古島の土壌は、珊瑚化石が多く、本来、
植物にとっては過酷ともいえる生育環境です。しかも、そこに
自生する植物は、常に強い紫外線を浴び、台風によって、強い
潮風にもさらされます。

一般に、紫外線にさらされている植物は、自らの身を守るために、
組織の酸化を防ぐ抗酸化成分を蓄えています。
降り注ぐ紫外線が強いほど、植物もそれだけ強力な抗酸化力を備えます。
また、宮古島の植物の場合、海からの塩害にも負けない、
なんらかの防衛機構を備えているとも考えられるのです。
 
 栽培に関しては、過酷な自然環境そのままの条件の下、
土壌作りから収穫まで一切の化学肥料や農薬を使うことなく、
全て手作業で行なわれています。

 ハーブとしての薬理作用をもたらす成分としては、カフエタンニン類、
フラボノイド類、ポリアセチレン類などの化合物が確認されています。
それらの成分の特徴や、これまでの実験から、ビタミンCやEに似た高い
抗酸化作用を持つことが明らかになっています。

 そうした点から、ストレスの多い人、タバコがやめられない人、
お酒をよく飲む人などの健康維持効果が期待されます。
 
 ビデンス・ピローサの研究には、星薬科大学、北里大学、
明治薬科大学をはじめとする全国の大学研究者や病院の医師がか
かわっており、糖の代謝や、皮膚の炎症、血流、免疫などへの
有用性も研究されてきました。
 私たちの研究室でも、高血糖のかたに宮古島のビデンス・ピローサエキスを
飲んでもらうという実験を行ったところ、血糖値が下がる傾向が見られまし
た。また、閉塞性動脈硬化症を伴った糖尿病のかたにビデンス・ピローサを
主原料とするお茶を飲んでもらって検査したところ、アディポネクチンという
たんぱく質を優位に増加させ、TNF−αというたんぱく質を減少させました。
 アディポネクチンには、インスリンというホルモンの働きを高め、
糖尿病を改善したり、動脈硬化を抑制したりするなど、
さまざまな作用があります。これらの働きは、脂肪蓄積の抑制、
心筋梗塞や脳梗塞の抑制などの効果をもたらします。
 またTNF―αは、インスリンの作用を減弱させ、血管壁に障害を起こして
動脈硬化を引き起こします。
 動物実験でも、インスリンを分泌するβ細胞を保護する作用があることが
示唆されており、これらのことから、糖尿病をはじめとする生活習慣病への
効果が期待されています。

アレルギー症状を三段階で防ぐ また、アレルギーに対する作用も見逃せません。
 花粉症では、体内に入ってきたアレルゲン(抗原)に免疫細胞が反応して
抗体を作り、それがマスト(肥満)細胞と結合してヒスタミンという物質が遊
離し、体のさまざまな部位に炎症を起こした結果、クシャミ、鼻水、鼻づまり、
皮膚のかゆみなどの症状が現れます。
 そこで、細胞や動物を用いた実験で、宮古島のビデンス・ピローサの花粉症に
対するメカニズムを研究したところ、抗体の生成が抑制されることがわかり
ました。
 また、マスト細胞からのヒスタミンの遊離を抑制し、同時にヒスタミンが
受容細胞に結合するのも抑制することがわかりました。
 つまり、ビデンス・ピローサは、三段階でアレルギーを抑制するという
ユニークな作用を持っているのです。
 実際、花粉症の人に宮古島のビデンス・ピローサのエキスを飲んで
もらったところ、プラセボ(偽薬)を飲んだグループに比較し、高率で
花粉症の症状の緩和が見られました。
 また、動物実験や細胞実験により、宮古島のビデンス・ピローサには
強い抗炎症作用、創傷治癒促進作用などが確認されています。
 また、宮古島のビデンス・ピローサを主原料としたお茶については、
血行改善効果があることも確認されており、アトピー性皮膚炎、生活習慣病の
症状改善作用が見られることから、現在、複数の病院で試験的に
用いられています。
 このほかにも、宮古島のビデンス・ピローサには、活性酸素を打ち消す
作用を待つ抗酸化物質が含まれていることがわかっています。活性酸素は
糖尿病や炎症、動脈硬化など、さまざまな症状に関与しているといわれて
いることから、ビデンス・ピローサのこれらの症状に対する
効果が期待されています。
  • 宮古ビデンスピローサ茶