「メタボ健診にひっかかった」

 若いころは、体を動かすことが好きで、剣道やエクササイズボクシングなども
やっていました。

そのころは、筋肉質で均整も取れていました。ところが、三十代に入って仕事が
忙しくなり、運動する時間が取れなくなったとたん、体重がじわじわと増加して
きたのです。そしてついには、80キロの大台に乗ってしまいました。

 「これはいかん」と、自分なりに気をつけて、ようやく少しヘらしたものの、
それでも78キロでしたから、170センチの身長では完全に肥満です。
案の定、昨年九月の健康診断で、メタボと診断されてしまいました。

 それで、宮古島のビデンス・ピローサのお茶を飲むようになりました。
これを勧めてくれたのは沖縄出身の友人でした。正月明けに、ひさしぷりに
会ってお酒を飲んだときに、「メタボ健診にひっかかっちやったよ」と話したら、
宮古島のビデンス・ピローサがいいと教えてくれたのです。
それで毎日朝食前と寝る前に、マグカップー杯ずつビデンス・ピローサのお茶を
飲むようにしました。

 すると、三〜四ヵ月目くらいから、少しずつですがやせてきたのです。
ウオーキングも始めたので、その効果もあるかもしれませんが、
今のところは、72.5〜75キロの間を行ったり来たりしています。
でも、75キロ以上になることはないので、減量傾向だと思います。

 五キロ前後やせると、今まできつくて苦しかったズボンのウエストも、
ずいぷんと楽です。買い替えるのも不経済だし、妻にも「やせなさい」といわれる
のが落ちなので我慢していたのですが、買い替えずに済みました。

 また、体重がへり始めたころから血圧も下がってきました。
実は血圧も高くて、健診のときに最大血圧が160ミリくらい、最小血圧も
105ミリあったのです。降圧剤は、飲まずにきていました。食生活も変えて
いないので、血圧が下がったのはやはりビデンス・ピローサの効果だと思います。

 それからもう一つ、意外な効果もありました。私は毎晩、酒を飲みます。
昔とさほど変わらない量を飲んでいるのですが、このごろは年のせいか、翌朝、
「どうもすっきりしない」ということがふえていました。ところがビデンス・
ピローサを飲んでからは毎朝、頭も体もすっきりしているのです。
これは、とても有り難いです。