ステロイドを塗ると治り、やめると再発

私の仕事は10〜11月が忙しくて、その間は1日の休みも取れません。
昨年も例年どおりの忙しさで、12月に入りようやく休みが取れたので、
キッチンの大掃除をしました。一生懸命やったので、キッチンはとてもきれいに
なりました。でもそのかわりに、右手がひどく荒れてしまったのです。
皮膚が洗剤に負けたのだと思います。手のひらの皮がむけて、かゆくてたまり
ませんでした。

 数日たっても手荒れは治まらず、ひどくなる一方でした。
緊張するとかゆみがひどくなるり、接客をした後は必ずといっていいほど
かきくずすので、悪化します。またなぜか、ボールペンを持つと当たる
人差し指と中指の横腹も同じような症状になってきました。怖くてマニキュアも
塗れないし、整髪剤もさわれないので、髪をまとめることさえできなくなりました
会社にあった軟膏では少しもよくならず、皮膚科でもらったステロイドをつける
と治ってきました。でも、ステロイドをやめて一週間もすると再発しました。
それからは、ステロイドと再発のくり返しでした。

 それがきれいに治ったのは、宮古島で栽培されたビデンス・ピローサという
ハープのお茶のおかげです。たまたま会社の人に「こんな状態で」と話したところ、
「これ、飲んでみたら」とビデンス・ピローサのお茶をくれたのです。
 
 その人の友人も、重症のアレルギーで手の皮膚がひどい状態だったのが、
ビデンス・ピローサのお茶を飲み、出がらしのティーバッグで煮出したお茶に
手をつけていたらよくなったそうです。それを間いて、早速私も同じように
やり始めました。

 まず、夜にお茶を煮出してポットに入れておいて、翌日会社に持っていって
仕事の合間に飲むようにしました。そしてテレビを見ながら、煮出した後の
ティーバッグを五分間くらい右手で握ったのです。これを続けていたら、
再発しませんでした。そして、ステロイドをつけたときよりもきれいになってきて、
五週間ですっかり普通の状態になったのです。

 二ヵ月たった今では、マニキュアも塗り、髪もまとめてすっきりしています。

 毎年秋には、鼻がムズムズするのですが、それもありません。
春には花粉症があるので、それがどこまで改善するのか今から楽しみです。