「ぺえ、あのムツウサがそんなにいいんだ」


 私は沖縄県の宮古島で生まれ育って、現在も宮古島で生活をしています。
友人たちも皆同じで、それぞれが海や島の自然とかかわりながら生きています。
 その友人たちの間で→最近話題になっているのが「ビデンス・ピローサ」です。
友人の一人が、数年前から栽培を始めたのですが、もともとは、
私たちが子供のころから道端で見ていた「ムツウサ」という草です。
それを煎じて飲むと体にいいというので、私も二年くらい前から飲むようになりました。

 最初にムツウサの話を聞いたときには、「へえ、あれがそんなにいいんだ」と、
ちょっと驚きました。でも、いわれてみれば、昔から年寄りたちが煎じて飲んで
いたようです。

 また、友人がやっているビデンス・ピローサの畑は、道端に生えているムツウサと
違い、土壌の管理から栽培方法まで、かなり厳しくやっているので、それを見ただけ
でも品質のよさがわかります。そのうえ、昔と違い、今ではティーバッグで
飲みやすい形にしているので手軽です。毎朝、一匹くらい沸かして、湯飲みで一杯飲み、
残りはポットに入れて持って出て、船
の上で飲みます。長い時間海に潜った後は、体が冷えているのですが、このお茶を飲
むと体がポカポカしてきます。

 私はもともと丈夫なほうで、カゼもひいたことかありませんでした。
ところが、ビデンス・ピローサを飲む少し前に、高熱を出して一週間寝込んだのです。
体力に自信があっただけに、体の衰えを感じました。友人がビデンス・ピローサを勧め
てくれたのも、私が疲れて見えたからかもしれません。

 今では、ビデンス・ピローサを飲み始めてよかったと思っています。あれ以来、
熱も出ませんし、以前よりも疲れにくくなっているような気もします。

 以前は、コ土フばかり飲んでいたのですが、今はビデンス・ピローサばかりです。
後味がさっぱりして、今ではコ圭フよりずっとおいしく感じます。

 私は、二十代からずっと趣味でバレーボールをやっていて、31歳で引退を
してからは、バドミントンを楽しんでいます。バドミントンの練習は、
週に2〜3回です。こうした楽しみも、健康でなければ続けられません。
仕事も趣味も、一生現役でいたいので、これからもビデンス・ピローサは欠かさず
飲んでいこうと思っています。