エゴマ油トップページへ

エゴマ油を使ったお料理紹介

===モロヘイヤのスープ===

えごま油で作ったモロヘイヤスープ

●「王様の野菜」モロヘイヤを使って。


古代エジプトでは
どんな薬を飲んでも治らなかった王様の難病が
モロヘイヤのスープで治ったという話があります。
それ以来、モロヘイヤをアラビア語で「王様の野菜(ムルキーヤ)」
と呼ぶようになったのが語源のようです。
クレオパトラも好んで食べたといわれるスープを
シソクックを使ってお料理してみましょう

《材料(4,5人分)》
モロヘイヤ・・・・・・・100g
鶏肉・・・・・・・・・・・・200g
たまねぎ・・・・・・・・大2個
ニンニク・・・・・・・・・大1片
※ニンニクはチューブやビン詰めの
すってあるものでも大丈夫。
シソクック・・・・・・・・大さじ1
水・・・・・・・・・・・・・3カップ
固形スープの素・・・2個
塩コショウ・・・・・・・・少々

《作り方》
1、モロヘイヤは粘りが出るまで包丁で細かく刻む。
2、玉ねぎはみじん切り、ニンニクもみじん切り。
  なべに
シソクックを入れ、ニンニク、玉ねぎをしんなりするまで炒める。
3、食べやすい大きさに切った肉を加え更に炒める。
4、水、スープの素を入れ、弱火で20分ほど煮込む。
5、モロヘイヤを加えてさっと煮る。塩コショウで味を整えて、出来上がり。

お皿に盛り付けた後、もう一度
シソクックをティースプーン1杯ほどたらして召し上がれば、
さらに多くのαノレン酸を多く摂取することができます。

パンにつけても、ご飯にかけても美味しいです。


連絡先 :
(有)アクアセラピー
HP    http://aquatheraphy.com/atopy/
E メール aiko@aquatheraphy.com
フリーダイヤル 0120−74-3343
電話 0952−37−7980
FAX 0952−37−7940

佐賀市若楠2丁目9−20−204